業界特化型 技術・製品情報サイト

  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

WP

SCADAfence

製品資料

SCADAfence

つながる工場と部門間の溝。IT手法で行うセキュアなOT資産の管理とは?

製造業のIoT活用による恩恵は大きい。生産ラインのデータ化・可視化ができれば、生産性向上や予知保全等に貢献する。一方、IoTはサイバーリスクも生む。安全稼働が絶対の製造現場で、生産性とセキュリティはどう両立すればよいものか。

コンテンツ情報

公開日 2019/11/19 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 2.16MB

要約

 IoTの台頭により、製造業ではスマートファクトリー化が進んでいる。同時に、IoTによるネットワーク接続は製造現場へのサイバー攻撃リスクも生み出している。セキュアな生産性向上という命題を実現するためには、情報システム部門と生産技術部門が連携し、IT(情報システム)とOT(制御システム)の融合に取り組む必要がある。

 しかし、ものづくり現場のネットワークやシステム構成の優先順位は、IT領域と大きく異なる。特に重要なポイントが、ほぼ100%の稼働性を求められることだ。この違いを踏まえつつ、IoTを活用して、生産ラインにおけるデータの可視化を図る必要がある。工場の各種データが可視化できれば、運用状況を改善するための指標も設定しやすくなる。

 併せて意識すべきポイントが、情報システム部門と生産技術部門の文化の違いだ。実は工場データの可視化は、両部門の目線を一致させる共通の指標づくりにも役立つ。本資料では、その具体的な方法として、ITとOTの融合に有効なベストプラクティスと、ものづくり現場のニーズに合うプラットフォームを紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。