業界特化型 技術・製品情報サイト

  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

WP

東芝デジタルソリューションズ株式会社

製品資料

東芝デジタルソリューションズ株式会社

スマートファクトリー化の壁となるPCの老朽化、解決のカギは「エッジ仮想化」

製造業でIoTなどのデータ活用、スマートファクトリー化が進む一方で、製造現場ではPCの老朽化が課題となっている。古いアプリケーションを使い続けているケースも多く、最新環境への移行を妨げている。その解決のカギが仮想化技術にある。

コンテンツ情報

公開日 2019/11/20 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.54MB

要約

 データ活用の波は、製造業の現場にも押し寄せている。特に注目度の高い取り組みとしては、IoTを活用して、工場内の設備から情報を収集・蓄積・分析するスマートファクトリー化が挙げられる。その一方で、まだ多くの製造現場が、OT環境におけるPCの老朽化という課題を抱えている。

 工場内で運用されている端末では、WindowsなどのOSとその専用アプリケーションが、長年アップデートされずに使われ続けてきたため、IoT導入によってネットワークに接続された場合には、セキュリティリスクが高まる恐れがある。だが、最新OSにリプレースするとなると、アプリケーションへの影響を検証・改修する手間やコストが生じる。

 その解決策となるのが、仮想化技術を製造現場に適用する「エッジ仮想化」だ。既存のPCを仮想化するだけでなく、情報システムと現場システムのネットワークを分離することでセキュアな接続を実現。仮想化環境で古いPCを使っていても、安全にIoTデータを送信できる。さらに仮想化したOT側のシステムをWebから一元管理できるというメリットもある。本資料では、この「エッジ仮想化」の手法を詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。