業界特化型 技術・製品情報サイト

  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

WP

シスコシステムズ合同会社

事例

シスコシステムズ合同会社

グローバル化に向けたITインフラ刷新、日本ペイントホールディングスの選択は?

総合塗料メーカーの日本ペイントホールディングスは、早い時期からITシステムの集約と最適化に取り組んできた。そんな同社が、IAサーバとストレージを用いた仮想化プラットフォームに代わる次世代インフラとして導入したものとは?

コンテンツ情報

公開日 2019/11/21 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 519KB

要約

 130年以上にわたって日本の塗装業界をリードしてきた総合塗料メーカーである日本ペイントホールディングス。世界のトップメーカーと肩を並べる「グローバルペイントメジャー」になることを目指す同社は、早い時期からITシステムの集約と最適化に取り組み続けている。

 2002年から数年かけて行われたメインフレームのオープン化では、仮想化プラットフォームを採用。これにより安全性やコスト、運用性の面での改善を進めてきたが、従来型のIAサーバとストレージの運用は、次第に負荷の高いものとなっていった。台数の増加やスペックの混在などにより、管理が複雑化していったからだ。

 そんな同社がサーバ更改を検討していたところに出会ったのが、サーバに加えストレージまで一体で提供される次世代型のITインフラだった。本資料では、同社がコストとスピードに加え、代替環境や冗長構成の組みやすさにも注目して導入したという、この次世代型ITインフラの特長や導入効果を分かりやすく紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。