業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

サイバネットシステム株式会社

事例

サイバネットシステム株式会社

パワーエレクトロニクスの中核、電力変換回路の伝導ノイズ対策はどうする?

省エネルギー対策に貢献する技術として注目されるパワーエレクトロニクス。その中核となる電力変換回路のスイッチング動作において、課題となるのがノイズ対策だ。設計段階でのシミュレーションに有効なソリューションを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2019/11/27 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 955KB
要約
 エネルギーの安定供給や地球温暖化防止の観点から推進される省エネルギー対策において、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)、産業機器に欠かせない存在となっているパワーエレクトロニクス。その中心となるのが、パワーデバイスを用いた電力変換回路のスイッチング動作だ。

 中でもIGBTは、高速スイッチングや低損失に有利なパワーデバイスとして多用されるが、電圧や電流の急峻な変化により伝導/放射ノイズの発生は避けられない。そうしたノイズに対しては各国で規制されているため、製品を作ってからノイズ対策をしていては、市場投入の遅れや機会損失の原因となってしまう。

 そこで注目したいのが、事前にノイズ量を把握し、設計段階でのノイズ対策を可能にする、パワーエレクトロニクス向け回路/システムシミュレーターだ。IGBTパラメータ抽出ツールにより、詳細な動特性をモデリングしたIGBTモデルを作成できるため、正確なスイッチング波形の再現が可能になるという。本資料で、同製品の特長を詳しく見ていこう。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。