業界特化型 技術・製品情報サイト

  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

WP

キーサイト・テクノロジー株式会社

技術文書

キーサイト・テクノロジー株式会社

車載用通信テクノロジー「DSRC(狭帯域通信)とセルラーV2X」

無線通信は自動運転車において重要な役割を果たします。交通渋滞や危険な道路状況のお知らせなど自動運転にとって不可欠な情報を提供します。実現するには2つの通信アプローチが提唱されています。DSRC(狭帯域通信)とセルラーV2Xです。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/17 フォーマット URL 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ -

要約

 自動運転車(AV)の開発は世界中で加速しています。中でも無線通信は自動運転車において重要な役割を果たします。無線通信により、自動車は

・他の自動車(V2V)と、
・歩行者(V2P)と、
・道路付近のインフラストラクチャ(V2I)と、

情報を交換することができます。これは V2X(vehicle-to-everything)と呼ばれます。

 このような通信チャネルは、交通渋滞や危険な道路状況のお知らせなど、自動運転車にとって不可欠の情報を提供します。現在これを実現するには、2つの通信アプローチが提唱されています。5.9GHz帯のDSRC(狭帯域通信)とLTEおよび将来の5G技術を使うセルラーV2Xです。

 本資料では、DSRC(狭帯域通信)とセルラーV2Xの比較して、ポスター仕様でわかりやすくご紹介しています。ダウンロードして自動車をより安全かつ便利にする通信テクノロジーをご覧ください。

※本資料は英語で表記されています。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。