業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

MONOist編集部

プレミアムコンテンツ

MONOist編集部

カプセルトイ開発の舞台裏、エポック社が推進する3Dツール活用

老舗玩具メーカーであるエポック社のカプセルトイ事業の取り組みと3Dツール活用について紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2019/12/22 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 1.92MB
要約
カプセルトイ開発の舞台裏、エポック社が推進する3Dツール活用
 成形金型、塗装用のマスク型とスプレーガン、そして梱包用の段ボールと、実際のカプセルトイができるまでの各工程をミニチュア化した製品「カプセルトイができるまで」を手掛けたエポック社。

 そんな斜め上を行く製品(カプセルトイ)がどうやって誕生したのか? 本ブックレットでは、企画背景から製品化までの流れとともに、エポック社が取り組む3Dツール活用について詳しく紹介する。

 【主な内容】
・毎月300もの新タイトルが販売されるカプセルトイ市場
・「カプセルトイができるまで」の企画はこうして生まれた
・エポック社のカプセルトイはこうして作られる
・完成度の追求と安全性の確保の両立、カプセルトイ開発の難しさ
・玩具/カプセルトイづくりに欠かせない3Dプリンタ、デジタル技術




アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。