業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アプライド株式会社

製品資料

アプライド株式会社

産業用画像分析に特化したディープラーニング技術とは

ディープラーニングの製造業現場での活用事例が出始めている。特に画像認識技術を活用した検査では、目視検査の柔軟性とコンピュータシステムの繰り返し性、高速演算能力を組み合わせた対応により、自動化を実現する。

コンテンツ情報
公開日 2019/12/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 410KB
要約
 人間の脳の神経回路の仕込みから着想を得た「ニューラルネットワーク」を使った機械学習アルゴリズムは古くから存在していたが、極めて高い計算処理能力が必要で、機械学習の主流にはならなかった。しかし、GPUコンピューティングの登場と、技術的進歩により、比較的安価に高速演算処理を行える環境が整った。

 本コンテンツでは、産業用画像分析に特化したディープラーニング技術について使用例を踏まえて紹介する。目視検査の柔軟性とコンピュータシステムの繰り返し性、高速演算能力の双方を組み合わせた対応は、これまでプログラミングが不可能であった分野の自動化をもたらし、高い堅牢性と信頼性で製造業の課題を解決する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。