業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

MONOist編集部

プレミアムコンテンツ

MONOist編集部

WP29 自動車サイバーセキュリティ最新動向

国連で自動車関連のRegulationsを扱うWorld Forum for the harmonization of vehicle regulations(WP.29)において議論されている自動車セキュリティの最新動向をまとめた。

コンテンツ情報
公開日 2020/01/20 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 33ページ ファイルサイズ 2.98MB
要約
WP29 自動車サイバーセキュリティ最新動向
 自動車のサイバーセキュリティに関する議論が活発となる中、国連では自動車関連のRegulations(規則)を扱う“World Forum for the harmonization of vehicle regulations(WP.29)”において、2018年11月にCyber Security(CS)対策に関するRegulation案と、セキュリティ対策を考慮したSoftware Updates(SU)に関するRegulation案が公開された。その後、当局の関係者や自動車メーカーによるテストフェーズや議論を経て、2019年9月に改訂案が公開された。現在も、採択に向けた作業が進められている。本連載では、2019年9月の改訂案をベースに、自動車メーカーやサプライヤーに課されるサイバーセキュリティやソフトウェアアップデートのポイントを解説する。

【主な内容】
・自動車メーカーとサプライヤーはどう連携してセキュリティに取り組むべきか
・自動車メーカーに選ばれるのは、セキュリティを理解したサプライヤーだ
・出荷後の車両や部品の脆弱性に、あなたの会社はどう行動すべきか
・普及進む車両のソフトウェアOTA、セキュリティで何を求められるか

アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。