業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

MONOist編集部

プレミアムコンテンツ

MONOist編集部

JVCケンウッドによる3Dプリンタの量産活用、その苦難と挑戦の道のり

日本HP主催「HP デジタルマニュファクチャリング サミット」に登壇したJVCケンウッドの講演レポート記事「JVCケンウッドが痛感した3Dプリンタの量産活用における難しさと解決への筋道」をお送りする。

コンテンツ情報
公開日 2020/01/26 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.59MB
要約
JVCケンウッドによる3Dプリンタの量産活用、その苦難と挑戦の道のり
 3Dプリンタを業務に適用しようとする動きは増えつつあるが、その取り組みは一筋縄にはいかない。そもそも3Dプリンタを業務に適用する目的はどこにあるのか? どうやってその取り組みを推進すべきか? 3Dプリンタの量産活用に挑戦するJVCケンウッドの取り組みを詳しく紹介しよう。

 本ブックレットでは、日本HP主催「HP デジタルマニュファクチャリング サミット」に登壇したJVCケンウッドの講演レポート記事「JVCケンウッドが痛感した3Dプリンタの量産活用における難しさと解決への筋道」をお届けする。

【主な内容】
・3Dプリンタを業務に適用する目的
・前倒しで取り組んだ、3Dプリンタの量産活用の検討
・JVCケンウッドが3Dプリンタの量産活用を推進する背景
・量産活用に最適な3Dプリンタは?
・3Dプリンタの量産活用の取り組みで痛感したこと
・今後クリアすべき3つの課題


アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。