業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

SAS Institute Japan株式会社

レポート

SAS Institute Japan株式会社

8割が支持も全社展開は不十分? 調査で分かったアナリティクスの課題と可能性

アナリティクスの戦略レベルでの利用が多くの企業で支持される一方、全社的な展開は十分に行われているとはいえない。企業や政府機関の専門家へのインタビューとグローバルなアンケートから、アナリティクスの課題と解決策を考察する。

コンテンツ情報
公開日 2020/01/30 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 4.49MB
要約
 ある調査によると、アナリティクスを中核業務の運営改善に利用していると答えた企業は72%に及び、意思決定者による関心の高さがうかがえる結果となった。その一方で、展開方法の範囲が全社的と答えたのは39%にとどまるなど、課題も明らかになった。

 特に、データ管理やガバナンスといった「データ利用の準備」ができておらず、サイロ化の解消やアクセス性の改善に向けて、悪戦苦闘している企業は多いという。こうした背景の中でニーズが高まっているのが、あらゆるコンピューティング環境のデータを分析するソフトウェア基盤である「アナリティクスプラットフォーム」だ。

 本資料では、132の企業や政府機関の専門家とのインタビューと、オンラインでのグローバルアンケートから、アナリティクスにおける可能性と課題を考察する。アナリティクスプラットフォームへの投資から得られる戦略的な利点についても紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。