業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

日本オラクル株式会社

製品資料

日本オラクル株式会社

3つの質問に答えるだけ、すぐ分かる「データ管理」成熟度チェックリスト

大量のデータから有意義なインサイトを抽出するには、適切な管理体制が欠かせない。その第一歩となるのが、データ管理の“成熟度”を把握することだ。3つの質問に答えるだけで分かるチェックリストで、自社のレベルを診断してみよう。

コンテンツ情報
公開日 2020/02/13 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1.79MB
要約
 大量のデータが日々生み出される昨今、IT部門が対処しなければならない量は増える一方。そうしたデータから有意義なインサイトを抽出するには、データを管理するための適切な体制が欠かせない。その一歩となるのが、自社の「データ管理の成熟度」がどのレベルにあるかを把握し、それに合った改善策を考えることだ。

 例えば、データ管理とインサイト生成において最も成熟度の低い「データ・ラガート」と呼ばれるグループでは、日々扱うデータをほとんど管理できておらず、インサイト抽出のプロセスもほとんどが手動で行われている。このように人的ミスやデータ損失が発生しやすい状況を改善するには、自動化によるプロセスの効率化や、従業員の教育および目標設定の最適化といった施策が必要になるだろう。

 本資料では、3つの質問に答えるだけで自社データ管理の成熟度を確認できるチェックリストを掲載するとともに、各4つのレベルにおいてどういった施策が必要かを解説する。適切なデータ管理体制を構築/維持するために、ぜひ活用してほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。