業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

キラメックス株式会社

製品資料

キラメックス株式会社

非エンジニア人材にもAI学習を、そのメリットと効率的な育成のポイントとは

2030年、日本のAI市場は現在の4倍になるとの試算もあり、AI人材の需要が高まっている。こうして人材の争奪戦が激化する中で、注目され始めたのが非エンジニア人材へのAI研修だ。そのメリットと効率的な育成のポイントを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/02/13 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 27ページ ファイルサイズ 1.54MB
要約
 AI市場が急速に拡大する中、日本ではAI人材の不足が深刻化。多くの企業が人材確保に奔走している。しかし、非エンジニア人材へのAI教育で人材不足をカバーしていくことも可能だ。

 AIの導入というと、専門知識を持ったAIエンジニアの採用を検討する企業も多いだろう。もちろん、一からAIを構築するには専門知識が必要となるが、AIの方針や投資判断、管理といった"活用"においては、AIを学習した非エンジニア人材でも対応が可能だ。また、専門職や事業者へ依頼しなくても現場レベルでPDCAを回せるといった効率化やコスト削減も見込める。

 本資料では、非エンジニア人材にAI研修を行うメリットを解説するとともに、多くの企業で導入されている外部の研修サービスを紹介する。能動的に学べるアクティブeラーニングとプロによるマンツーマンのサポートで、学習定着率を高めるカリキュラムが強みだ。研修サービスを選定するポイントなども紹介しているので、ぜひ参考としてもらいたい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。