業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

パナソニック ネットソリューションズ株式会社

製品資料

パナソニック ネットソリューションズ株式会社

監視カメラの映像をフル活用、長期保存も低コストで実現する統合管理ソフト

監視カメラを導入したものの、長期録画保存の場所とコストが膨大になるなど、運用面で課題を抱えるケースは少なくない。そこで活用したいのが、ネットワークカメラの映像はもちろん、IoTデバイスの情報も統合管理できるソフトウェアだ。

コンテンツ情報
公開日 2020/03/05 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ 8.74MB
要約
 生産設備の監視や施設の防犯など、多岐にわたる用途で活用されている監視カメラ。しかし、従来の監視カメラシステムの多くは、あくまで万一のための録画/常時監視を行うもので、撮影された映像は破棄されることも少なくなく、コスト増大の要因となっていた。また録画時間が長期化すると、保管場所に困る点も課題だった。

 こうした問題を解決するのが、ネットワークカメラの映像だけでなく、IoTデバイスの情報も統合管理できるソフトウェアだ。マルチベンダカメラ対応のため、既存のカメラをそのまま利用できる他、最大で4万台のネットワークカメラと9999の接点情報を集約可能。火災報知器や侵入センサーなどの拠点情報はもちろん、PLC(生産機器の制御や管理を行うための機器)との連携やメール通知が可能であり、常時監視せずとも自動的に危険検知情報を通知してくれる。

 さらにLTO(磁気テープ録画機器)とつなぐことで、最長10年の長期録画保存を、低コストかつ省スペースで実現可能となる。本資料では、同ソフトウェアの機能をイメージ図で分かりやすく解説するとともに、工場や商業施設、店舗など、業界別の活用事例を紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。