業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

SAS Institute Japan株式会社

製品資料

SAS Institute Japan株式会社

AIと機械学習で「需給計画」を支援、“真の価値”を引き出す自動化の手法とは?

人工知能や機械学習を用いた自動化技術が急速に発展し、さまざまな分野で実用化が進んでいる。その中でも「需要計画」の分野において、新しいビジネス戦略の創出にもつながるインテリジェントな自動化を実現する手法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/03/13 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 988KB
要約
 定型業務から画期的な取り組みまで、組織全体のあらゆる活動の自動化に適用できるとして、人工知能や機械学習を用いた“インテリジェントな自動化手法”が注目を集めている。生産性やプロセス効率、ROIの向上といったさまざまな効果が期待でき、実際に導入している企業の中には、業務プロセスの所要時間を50%短縮した企業も存在する。
 
 この自動化手法の活用例の1つが、「需要計画」への適用だ。担当者の多くがデータ管理や需要予測の管理・チューニングなどに時間を割き、最終的なKPIレポートの作成・更新にはわずか10%の時間しか充てられていないといわれるが、自動化を導入することで、その生産性を高めて、プロセス全体に“真の価値”を追加できるようになる。
 
 本資料では、需要計画作成への適用を例に、自動化による既存プロセスの強化法を紹介しながら、予測付加価値(FVA)プロセスの改善についても解説する。新しいビジネス戦略の創出にもつながるインテリジェントな自動化をどのように導入すればよいのか。その手法と活用法をさらに詳しく見ていこう。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。