業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アヴィバ株式会社

製品資料

アヴィバ株式会社

プラント管理に迫るリスク、デジタル化による新たな保守戦略策定のポイント

業務の属人化や、人手不足・スキル継承の問題など、プラント管理業務に関する課題は多い。これからの時代、設備資産を安全かつ長期に稼働させつつ、維持運用のコストを抑えられる新たな保守戦略はどう策定すべきなのか。

コンテンツ情報
公開日 2020/04/15 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 901KB
要約
 エネルギーや化学・素材などのプラント設備は、膨大な数の機器によって複雑な構成を取っている。機器の故障や破損は事故を誘発するリスクとなるため、点検や補修が欠かせない。しかし、プラント管理業務の多くは属人化しているケースも多く、さらなる効率化や人材不足、スキル継承への対応に向け、抜本的な保守体制の見直しが迫られている。

 こうした課題の解決に向けて、設備情報のデジタル化による一元管理や、AIの活用などを模索し始めている企業も多い。しかし、こうした新たな管理手法を導入する上で課題となりがちなのが、コストやリスクの管理などを含めた新たな保全戦略をどのように策定するかだ。

 以下の資料では、プラントメンテナンスの課題を解消する情報管理と保全戦略の最適なアプローチを紹介している。テクノロジーを活用した予防保全など、昨今のトレンドを取り入れつつ、運用コストと安全性のバランスが取れた保守対策を実践したい企業はぜひ参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。