業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

MONOist編集部

プレミアムコンテンツ

MONOist編集部

いまさら聞けない 自動車のバッテリー

バッテリーの歴史を振り返る「いまさら聞けない 自動車のバッテリー」をお送りする。

コンテンツ情報
公開日 2020/05/24 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 1.7MB
要約
いまさら聞けない 自動車のバッテリー
 クルマのバッテリーといえば、かつては電圧12Vの補機バッテリーを指していました。しかし、ハイブリッドカーの登場と普及により、重い車体をモーターで走らせるために繰り返しの充放電が可能な高電圧の二次電池(駆動用バッテリー)の重要性が一気に高まりました。

 ニッケル水素バッテリーの特徴や技術的な課題、ニッケル水素バッテリーの欠点だったメモリ効果をクリアしたリチウムイオンバッテリーについて紹介します。

 【主な内容】
・ニッケル水素は駆動用電池でまだまだ現役、長寿命化の課題「メモリ効果」とは
・リチウムイオン電池を車載用にするための幾つものハードル、そして全固体電池へ
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。