業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

IARシステムズ株式会社

製品資料

IARシステムズ株式会社

コード品質と開発効率を両立させるための組み込みソフトウェア開発ツールとは?

初心者からベテランまで組み込み開発エンジニア全員に共通する課題である開発効率と品質の向上を、ソフトウェア開発ツールによって高い費用対効果をもって簡単に実現できる方法を紹介。

コンテンツ情報
公開日 2020/05/19 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1.58MB
要約
 組み込みシステム開発においても「生産性向上」は最重要課題となっており、皆さまの企業や開発現場でも何らかの形で取り組みを行っていることだろう。生産性向上は最終製品の性能、仕様、品質、リリース日程および価格全てに影響するだけでなく、開発に携わる皆さまの業務成果、サラリーおよびワークライフバランスにも影響する課題でもある。

 一方で、効率化による品質の低下も懸念として挙げられるため最適なソリューションを得られていない開発現場も多いと聞く。組み込み開発ツールで長年に渡ってソフトウェアエンジニアをサポートしてきたIARシステムズは、ツールによる自動化を活用してソフトウェア開発プロセスを進化させることによって得られるベネフィットを理解しているエキスパートである。近年ソフトウェアを実装するマイコンやプロセッサの処理能力とメモリ容量がますます大きくなるのに比例して、プログラムサイズは増大し、コード品質の検証は旧来の手法をブラッシュアップするだけでは到底対応できなくなってしまった。

 そこで、この資料ではソフトウェアコーディング作業において、静的コード解析ツールを導入する方法と得られるメリットについて解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。