業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

NTTテクノクロス株式会社

製品資料

NTTテクノクロス株式会社

契約を自動化する「スマートコントラクト」、利用する3つのメリット

ブロックチェーンを利用した取引は、「スマートコントラクト」という仕組みに支えられている。その難解な仕組みをあらためて解説するとともに、仮想通貨以外のビジネスの可能性も広げる3つのメリットを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/05/18 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 1.41MB
要約
 Bitcoinのような仮想通貨以外のサービスに、ブロックチェーンを応用するための重要な仕組みが「スマートコントラクト」だ。この技術をシンプルに表現すれば、契約をプログラムで定義する仕組みといえるだろう。プログラムによって定義した条件を満たしたときに自動で処理を行い、ブロックチェーンにアクセスする。

 その特徴は、店舗と自動販売機の違いに例えられる。店舗では店員を介して商品を購入するが、自動販売機なら店員の仲介なく商品を購入できる。取引内容が自動的にブロックチェーンに保存されるため、取引内容が透明化される他、自動化によって店員のような仲介者の人件費などが不要になり、コスト削減にもつながる。もちろん、契約が自動化されることで処理もスピーディーになるだろう。

 ただ、この仕組みには、修正しづらいブロックチェーン上で動くため十分なテストが必要といった課題もある。本資料では、このブロックチェーンについての理解を深める上で避けて通ることのできない仕組み、スマートコントラクトについて分かりやすく解説している。メリットと課題を把握して、その活用のきっかけとしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。