業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

コムチュア株式会社

製品資料

コムチュア株式会社

設備保全・保守運用の課題を解決、資産管理の最適化を実現する「EAM」とは

製造業やエネルギー、交通運輸、公共公益施設などさまざまな現場の資産管理を最適化するソリューションとして注目が集まる「EAM(Enterprise Asset Management)」。その概要を解説し、その導入効果や活用事例を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/05/21 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.04MB
要約
 社会インフラや企業活動の安定的な運用には、設備や機器の安定稼働が欠かせない。しかし、それら設備や機器の保全業務においては、老朽化への対応、技能継承などの人材面の問題、規制強化への対応など、さまざまな課題を抱えがちだ。

 こうした課題の解決策や、設備や機器のパフォーマンスを最適化し社会インフラをより効率的に管理できる手法として注目を集めているのが「EAM(Enterprise Asset Management)」だ。業務の効率化だけでなく、設備のダウンタイムなどのリスクを最小化できるメリットがあり、特に製造業、エネルギー、交通運輸、公共公益施設などさまざまな現場で活用が進んでいる。

 以下の資料ではEAMについてその概要を詳しく紹介するとともに、実際の導入におけるポイントを解説している。設備保全に関わるユーザーは一読しておきたい資料だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。