業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

コムチュア株式会社

製品資料

コムチュア株式会社

ダウンタイムを防ぐ設備保全、業務効率化や技能継承に役立つ管理基盤とは

経年劣化する各種設備の保全業務では、発生する故障や事故の最小化、部品などの消費の最適化など、必要なコストの見える化・最小化が求められる。そこで有効に活用したいのが、保全管理ツールだ。失敗しない導入プロセスを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/05/21 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.24MB
要約
 工場やプラントなどにおいて、導入から数十年が経過する設備は、老朽化によって事故や故障のリスクが高まる。そこで重要になるのがリスクを低減する日々の保全業務だ。しかし、対応部品の供給停止リスクや、熟練担当者の大量退職による技能継承の問題など、保全業務の置かれている環境は厳しさを増している。

 また、新設備が導入される場合でも、それに合わせた新しい保全スキルの習得が求められる他、新マニュアルの整備、作業手順の標準化といった作業が発生。旧マニュアルと合わせた最適なマニュアル管理が求められ、現場の負荷は小さくない。

 こうした煩雑化する保全業務の効率化に役立つのが「設備保全管理実行基盤」の導入だ。正しく導入することで、保全業務や設備のパフォーマンスを最適化し、資産ライフサイクルを延ばすことで、ダウンタイムとコストを低減できる。

 本資料では「設備保全管理実行基盤」について、導入失敗を防ぐポイントを詳しく解説している。設備保全業務に関わるユーザーは一読しておきたい資料だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。