業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

SAS Institute Japan株式会社

製品資料

SAS Institute Japan株式会社

産業分野のIIoTデータを競争力に変えるために必要な「5つのステップ」とは?

産業分野のIoT(IIoT)が生み出す大量のデータは大きな価値を持つ一方、ビジネス戦略に組み込むのは容易ではない。分析プラットフォームの選び方やエッジアナリティクスの必要性など、IIoT戦略で成功するための5ステップを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/06/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 686KB
要約
 生産ライン設備や製品内のセンサーなど、産業分野のIoT(IIoT)が生み出すデータに大きな価値があることは言うまでもない。しかし、大量かつ多様なデータの生成/収集から集約、分析、実装、格納に至るまでを管理し、高度なIIoT戦略の中に組み込むのは容易ではなく、収集すべきデータの選別や、インテリジェンスのタイムリーな取得など、企業が解決すべき課題は多い。

 こうした中で成功を収めるには、「IIoTのビジネス目標」を定義するのはもちろん、全体論的なIIoT分析戦略を築くためのプラットフォームや、ビジネスニーズと足並みをそろえるインテリジェンスを生み出す戦略が必要となる。そして、アナリティクスツール選定の際は、長期的リスクを最小化するに当たって実績があり、信頼できるソリューションを選ぶことが重要だ。

 本資料ではこの他、エッジアナリティクスの必要性や、継続的な改善を行うためのチェックリストなど、IIoTデータを競争力に変えるための「5つのステップ」を紹介する。アナリティクスとAI、IIoT情報アーキテクチャの組み合わせにより、生データを豊富な洞察に変えるその方法を確認してほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。