業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ベクター・ジャパン株式会社

製品資料

ベクター・ジャパン株式会社

自動車開発の効率化に「アナログ計測」の見直しが必要な理由

自動運転や電動化など新技術により複雑化する一方、より素早い市場投入と低コスト化が求められている自動車開発。こうしたトレンドに対応し、車両開発の効率化を実現するには計測プロセスの見直しが欠かせない。

コンテンツ情報
公開日 2020/06/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 802KB
要約
 複雑化する自動車開発の効率化に向け、シミュレーション技術などの活用も進んでいる昨今。しかし依然として実車テストも重要であり、さらなる開発の効率化や計測技術の改良が求められている。

 実車テストの開発効率化に大きく関係するのが、車両の機能や性能を正しく把握するための計測プロセスだ。特に実車環境におけるアナログ計測の効率化が進めば、大きなインパクトがあるだろう。外部に計測機器を設置するテストベンチ並の精度で計測が行えたり、重要指標をリアルタイムで解析・表示したりできれば、大きな効率化が見込める。

 また、昨今の車両の電動化に伴い、計測プロセスにおいても高電圧耐性や高速サンプリング性能が求められるようになった。さらに自動運転技術の搭載に伴い、大量に発生するデータの取り込みなどへの対応も必須であり、計測ニーズは高度かつ複雑化している。

 本資料ではこうしたアナログ計測のさらなる効率化と、高度化・複雑化が進む計測ニーズを満たす、新たな計測プロセスの構築手法について紹介している。自動車開発の効率化を目指すユーザーは一読しておきたい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。