業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

サイバネットシステム株式会社

製品資料

サイバネットシステム株式会社

設計の効率化や品質向上に役立つ「材料情報マネジメント」とは

製品ライフサイクルのさまざまなステージにおいて、大きな役割を担う材料情報。さまざまな基準に対応し、その製品に最適な材料選定に役立つツールとは?

コンテンツ情報
公開日 2020/06/19 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 4.77MB
要約
 あらゆるモノづくりにおいて、CO2排出量の低減や、制限物質の排除といった取り組みがより重要になりつつある昨今。より良い製品の開発を推進する上で、必要不可欠なものが「材料情報」の管理だ。製品の設計・製造から廃棄まで、材料は製品ライフサイクル全体において重要な役割を担う。

 一方、CAEなどによる解析が最も多く利用されている基本設計から詳細設計段階では、必要な材料特性を入手できないこともある。初めての材料の使用や過去に例のない解析を実施する場合は、多くの時間と労力を必要とする。また、材料を変更する場合、単純に材料の性能だけで選定するのは得策ではない。新たな製造設備の導入や、より複雑な製造工程が必要となることもあるからだ。

 こうした材料情報の扱いに関する課題に対しては、製品ライフサイクル全体の材料情報を包括的に管理できる基盤の活用が有効だ。本資料では、材料を選定する際に重要な材料情報を効率的に収集し、単なる材料データベースではなく、適切な材料を選定するために有効なツールを紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。