業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

利用が拡大するIoT家電、参入ハードルを下げるIoTプラットフォームの活用法とは

家庭内で利用してきたさまざまな家電製品がIoTによって進化したことで、快適かつコスト削減できるスマート家電へのニーズも高まっている。ただ、このニーズに応えるにはIoT分析プラットフォームの複雑さが問題だ。どう解決すべきか。

コンテンツ情報
公開日 2020/06/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 3.59MB
要約
 洗濯機や冷蔵庫などの大型家電製品から、テレビやスピーカーなどのメディア関連製品、さらにコーヒーメーカーや掃除機、電球などの小型製品まで、家庭内にある多様な存在が、コネクテッドデバイスに生まれ変わろうとしている。利便性や快適性、コストの削減など、家電が接続することへの期待は大きい。

 しかし、ビジネスチャンスが広がる一方で、イノベーションをもたらしたIoTや機械学習テクノロジーを活用するハードルは高い。デバイスからのデータを収集・保存・分析するプラットフォームはもちろん、大量の同時接続にも柔軟にスケーリングできるネットワーク環境、レイテンシを考慮したクラウドとエッジのバランス、デバイス間の連携など、取り組むべき項目は多い。

 これではせっかく素晴らしいアイデアが生まれても、市場投入までに多大な時間を要してしまう。そこで、本資料ではコネクテッドデバイス事業に参入する企業が、活用すべきクラウドプラットフォームを、具体的な事例とともに紹介している。優れたロードバランシングを備えた可用性の高いインフラを手軽に用意し、スピーディーに新商品を市場に投入する方法をぜひ確かめてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。