業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

先駆企業3社の事例に学ぶ、AI/機械学習で成果を上げるための実装法とは?

AIへの投資を増やしビジネスメリットを得る企業が増えているが、一方でAI活用に向けては、テクノロジーの選択やデータ管理など課題も多い。AIにより自社機械学習アプリを高速化した3社の事例を基に、AI実装のヒントを探る。

コンテンツ情報
公開日 2020/06/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 6.26MB
要約
 AIがビジネス変革の一端を担うようになり、機械学習で獲得したインサイトをビジネスプロセスに盛り込んだり、自然言語処理を自社製品に採用したりする企業が増えてきた。ある研究によると、そうしたリーダー企業の88%が過去1年間でAIへの投資を増やしており、そのうち大多数が過去3年間で、製品とサービスの強化など多くのビジネスメリットを得ているという。

 そのAI活用においては、クラウドをはじめとしたテクノロジーの選択、データの管理など、解決すべき課題も多い。特に、1つの分野だけでなく企業全体にAIを展開するには、システムインフラ、データガバナンス、人材、スキルなど、注意すべき点がさらに増える。これらを理解/実践するには、AIを早期から採用している企業や、専門家から学ぶのが早いだろう。

 そこで本資料では、AWS(Amazon Web Services)をAI活用の基盤として、自社の機械学習アプリケーションを高速化した3社の事例を基に、AI実装のヒントを探る。あわせて、AIを支える深層学習プラットフォームについても紹介されているので、ぜひ参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。