業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

日本ヒューレット・パッカード株式会社

レポート

日本ヒューレット・パッカード株式会社

クラウド環境の課題をカバーできる「エッジコンピューティング」の活用ポイント

IoTの普及により、現場に近い場所でより迅速でリアルタイムな処理が可能な「エッジコンピューティング」に注目が集まっている。その基盤構築に求められることとは何か? エッジ活用ビジネスへの移行に必要なポイントをまとめた。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/01 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 25ページ ファイルサイズ 3.36MB
要約
 IoT(モノのインターネット)の普及やスマート工場などの進展により注目されている「エッジコンピューティング」。データをクラウド環境に集約して、そのコンピューティングリソースを使ってさまざまな情報を処理する「クラウドコンピューティング」の課題を解決する技術として多くの企業が関心を集めている。

 エッジコンピューティングを活用すると、データセンターやクラウドにデータを集中させるのではなく、エッジ側でデータの蓄積や解析を行うことで、データ処理の遅延を防ぐことができ、より高速でリアルタイム制を高めることが可能だ。また、通信や運用コストの削減、データセキュリティの安全性の向上効果なども期待できる。

 しかし、エッジコンピューティング環境を構築するには、エッジに関する知見・スキルやセキュリティ対策、データ管理方法の検討など、複数の乗り越えるべき課題が存在する。

 以下の資料では、エッジコンピューティング実現に立ちはだかる主な課題を解説するとともに、実際にエッジコンピューティングを活用した成功事例を紹介する。エッジコンピューティングによって、自社の事業成長を検討している担当者は必読だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。