業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

シーメンス株式会社

製品資料

シーメンス株式会社

NXユーザー必見、今さら聞けない「ジェネレーティブデザイン」の基礎

新しい製品設計の手法として近年大きな注目を集めている「ジェネレーティブデザイン」。今さら聞けないその定義と、活用のポイントを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.78MB
要約
 製造業の製品設計における新たな手法として、近年大きな注目を集めている「ジェネレーティブデザイン」。最近では実際にジェネレーティブデザインを用いて設計されたプロダクトを目にする機会も増えてきた。

 分かりやすい簡潔な表現として「コンピュータによる設計の自動化」ともいわれるジェネレーティブデザイン。だが、こうした自動化以外の部分において、従来の設計手法とは何がどう違い、実際に活用するにはどういった点に気を付ける必要があるのか──こうした細かい部分についてまで理解できているだろか。

 本資料ではジェネレーティブデザインについて、シーメンスPLMの「NX」を例に、知っておきたい重要なポイントを解説。同時に実際のワークフローについても紹介している。ジェネレーティブデザインとの関わりが深い3Dプリンタの活用や積層造形との関連についても言及しており、設計者は一読しておきたい資料だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。