業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

オートデスク株式会社

技術文書

オートデスク株式会社

これからの製造業に必要な"設計の現場力"を高めるための手法とは

製造業界においては、設計・製造現場のデジタル化が生き残るための重要な戦略になりつつある。特に設計現場の開発力向上の鍵となるのが、企画から設計・製造、商談までの一連の業務をデジタル化することだ。その実践的なアプローチを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/06 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 647KB
要約
 現在、日本の製造業は大きな変革の時期を迎えている。新常態(ニューノーマル)となった今、社会・経済活動の変化、さらに「技術継承」「新たな人材の確保」「品質の向上」など、解決しなくてはならない多くの課題が残されている。またこれらは、製品設計の領域においても共通の課題といえるだろう。

 こうした課題を解決するための鍵として、テクノロジーの活用に期待する企業も多く、2次元設計から3次元設計へと移行する現場も増えてきた。とはいえ、一足飛びに「2Dから3Dへ」という急激な環境移行は、多くの企業にとって難しいというのが現実だ。

 では、人材育成や技能継承などの課題を解決しつつ、どのように新たなテクノロジーを取り入れ、設計環境を刷新して、ビジネスチャンス拡大に取り組むべきなのか。本資料では実際の製造業企業の技術部門に実施したアンケート調査などの内容を踏まえながら、そうした移行のポイントについて解説している。最新の3次元設計ツールでは、具体的にどのようなことが可能になるのかもイメージできる内容となっており、経営者から設計者まで一読しておきたい資料だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。