業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

GPS技術やロボット掃除機……DXの成功企業が選んだIoTプラットフォームとは?

IoTビジネスの参入に当たって、多くの企業が手を焼いているのがIoTアプリケーションの開発だ。デバイスとクラウドの接続にはまだ制約が多いのが実情だ。既にIoTビジネスで成功した企業は、どのように難題を乗り越えたのか。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/27 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 6.75MB
要約
 GPS技術で知られるTrimble、ロボット掃除機「ルンバ」で知られるiRobotなど、IoTによって飛躍する企業が増加している。そこで気になるのは、こうした成功企業が利用するクラウドIoTプラットフォームだ。その機能には、どのような特長があるのだろうか。

 その1つが、幅広いIoTエッジソフトウェアの存在だ。クラウドとエッジデバイス間でアプリケーションをシームレスに実行し、データの生成・収集を効率化。インターネットに接続していない時でも、デバイスデータの同期とデバイス間での安全な通信を可能にする。強力なエッジデバイスから、小型で低消費電力のデバイスまで対応し、クラウドに接続するための複雑さとコストを軽減させている。

 その他にも、クラウドでのコード開発からシームレスにデバイスにデプロイできるデバイスプログラミングの簡素化、IoTアプリへの機械学習の実装容易化などにより、IoT参入企業がつまずく課題を解消していた。本資料では、このIoTプラットフォームが持つ、従来手法との違いをさらに詳しく解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。