業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アンリツ株式会社

技術文書

アンリツ株式会社

製造業DXを急加速 3Dスキャナー「HandySCAN Black」による品質検査デジタル化

激動の時代にある製造業でスピードと品質の両立を目指す中、課題であるのが品質検査の効率化だ。高精度ハンディ3D スキャナーが1台あれば、品質検査の悩ましい問題を一気に解消。簡単操作・教育要らずで、忙しい現場でも活用可能だ。

コンテンツ情報
公開日 2020/08/17 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 837KB
要約
 IoT(モノのインターネット)、5G(第5世代移動通信システム)、自動運転技術といったメガトレンドの中で激動の時代にある国内外の製造業では、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みを急加速している。製造業の設計開発においては、3D CADやCAEなどの普及によりデジタル化や自動化が推進されてきた一方、品質管理や製造現場では紙中心の管理や、アナログな作業が今も少なくない。

 寸法測定を含む品質検査は手間がかかる上に効率が悪く、生産における重要工程でありながら、ボトルネックとまで言われてしまうこともあった。全数検査は到底無理とされ、抜き取り検査で対応せざるを得ない。またそのような状況では、品質向上のための工程検証もままならない。

 そこで注目されているのが、品質検査での高性能3Dスキャナーの活用である。しかしその導入においては、装置の持ち運びや校正、操作習得や教育といった課題があった。Creaformの小型3Dスキャナー「HandySCAN BLACK」なら、従来の高性能3Dスキャナーで起こりがちであった問題の数々が解消可能だ。高性能ながら操作は非常に簡単で特別な教育は不要である。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。