業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

BUILT編集部

プレミアムコンテンツ

BUILT編集部

3.11復旧工事で活躍したCIM、地方建コンの3D導入までの奮闘

オートデスク主催のプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」で行われた昭和土木設計のCIM導入事例についての講演をレポートする。

コンテンツ情報
公開日 2020/08/14 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 2.61MB
要約
3.11復旧工事で活躍したCIM、地方建コンの3D導入までの奮闘
 2019年10月に都内で開催した「Autodesk University Japan 2019」から、昭和土木設計のセッションを振り返る。

 昭和土木設計は、岩手県に本社を構える社員数約40人の建設コンサルタント。2014年からCIM導入の検討を進め、一つの成果として橋梁設計における「3D完成形可視化モデル」を構築。以降、東日本大震災の復旧事業をはじめ、大型台風による河川災害の改良復旧計画などにCIM活用の場を広げてきた。地方の建設コンサルタントが如何にしてCIMを採り入れるに至ったか、またその先にどのような可能性を見ているのか、講演レポートを通して紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。