業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

BUILT編集部

プレミアムコンテンツ

BUILT編集部

国交省から優良工事で局長表彰8件、優れたCIM活用法とCIMエキスパート育成法とは?

オートデスク主催のプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」で、中央復建コンサルタンツが優れたCIM活用法とCIMのエキスパート育成法について解説したセミナーをレポートする。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/10 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 2.01MB
要約
国交省から優良工事で局長表彰8件、優れたCIM活用法とCIMエキスパート育成法とは?
 2019年10月に都内で開催した「Autodesk University Japan 2019」から、中央復建コンサルタンツのセッションを採り上げる。

 中央復建コンサルタンツは、大阪府に本社を構える社員数約500人の建設コンサルタントで、2007年度に3次元設計を導入。以降、土木分野でCIMを試行錯誤しつつ活用してきた。これまでに国土交通省から、優良工事で局長表彰を8件、事務所長表彰を10件それぞれ受賞するなど高い評価を受け、現在では、年間約30件のCIM案件をこなす社内体制を構築。中央復建コンサルタンツは優れたCIM活用を実現するために何を行ったか、どのようにCIMエキスパートを育成したか、その答えを講演取材を通して探っていく。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。