業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

WIBU-SYSTEMS株式会社

事例

WIBU-SYSTEMS株式会社

製造業でも重要性が増すソフトウェア開発、違法使用や著作権侵害から守るには?

製造業においても重要性が増すソフトウェア開発。違法使用や著作権侵害を防ぐにはどういったライセンス管理環境を構築すべきなのか?

コンテンツ情報
公開日 2020/09/09 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.94MB
要約
 IoTの進展によって、製造業においてもソフトウェア開発の重要性が高まっている昨今。ハードウェアのみならず、ソフトウェアで収益をあげることを模索する製造業も登場しはじめている。

 一方、ソフトウェアの提供を行う上で、課題の1つとなるのがライセンス認証・管理の問題だ。近年、多くの企業システムが仮想マシンやターミナルサーバ上で稼働するようになっている。仮想マシンでは1つのライセンスを複数で不正使用したり、ライセンスを複製したりすることも実行可能だ。

 こうしたなかで、正しいライセンス管理の仕組みを構築し、リバースエンジニアリングなどの著作権侵害も防ぐためには、どういった対策を行うべきなのか。以下の資料では、仮想環境下で正しく動作するアプリケーションのライセンス認証の仕組みを解説。仮想環境のライセンスモデルを実際のハードウェアのライセンスと同じように多用途、かつ安全に使用できる方法を紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。