業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

東京エレクトロン デバイス株式会社

製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

加速する製造業のIoT化が新たな脅威に、安全なクラウド活用方法とは?

製造業でもクラウド利用が増加しているが、データ漏えい対策や利用状況の正確な把握が課題となっている。利用状況を可視化し、ルール違反や意図せぬ設定を洗い出すとともに、クラウド上のデータを保護して脅威から守る方法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/15 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.67MB
要約
 IoT機器がオフィスやさまざまな生産現場に普及し、インターネットやクラウドとつながり、きめ細かなデータ収集とそれに基づく効率化や生産性向上に活用され始めている。それに伴い情報漏えいや不正アクセスといったリスクも増大してきた。これまでIT部門で報告されてきたクラウドサービスのインシデントが、製造業でも発生する恐れが日々増している。

 クラウドサービスは誰でも手軽に利用でき、必要に応じて拡張できることがメリットだ。しかし、クラウドサービスに対する利用許可や判断基準がないことで、ルールに反する利用や不適切な設定に起因する情報漏えいにつながる可能性もある。また、クラウドサービスのセキュリティを強化するには、適切な対策を利用者自身が実施する必要がある。

 クラウドサービスのセキュリティ強化では、クラウド利用を可視化・制御する「CASB」という製品が役立つ。以下の資料では、製造現場におけるクラウドサービス利用時のセキュリティ課題を解説するとともに、リスクの可視化と適切な脅威対策を実現するCASB製品を紹介する。クラウドサービス利用を検討する際に役立ててほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。