業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

東京エレクトロン デバイス株式会社

製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

IoTで再注目されるBluetooth、従来の課題を解決した専用ゲートウェイの凄さとは

IoTのセンサーからデータを収集するための通信方式は、低消費電力かつ長距離通信が可能なものが望ましい。乱立する通信方式の中で採用が増えているのがBluetoothだ。複数デバイスの同時接続が難しいという課題も今は解決可能になった。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/15 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 3.5MB
要約
 IoTの浸透により、センサーデバイスからデータを収集するための通信方式が注目されるようになった。中でもBluetoothは多数のデバイスに標準機能として搭載されており、その消費電力を大幅に抑えたBluetooth Low Energy(BLE)も普及している。2016年に公開されたバージョン5.0では、最大2Mbpsの転送速度と、最大400メートルの長距離通信もサポートされるようになった。

 このようにIoTに適しているBluetoothだが、これまではIoTシステムを想定したものがなく、デバイスとの接続可能台数やデバイス/ゲートウェイの管理に課題があった。そこで注目され始めたのが、IoTを想定したBluetooth専用ゲートウェイだ。ある工場・倉庫現場では、この新型ゲートウェイにリプレースすることで、従来は3~10メートル間隔に設置する必要があったゲートウェイの設置台数を約80%も削減できたという。

 本資料では、悪条件下の通信に強く、最大40台の同時接続を実現するなど独自の技術が組み込まれたBluetooth専用ゲートウェイを紹介。データ収集を効率化する管理ツールも用意されており、IoT環境の管理負荷を軽減するメリットもある。IoTの導入を検討している企業はぜひ参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。