業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

BUILT編集部

プレミアムコンテンツ

BUILT編集部

BIMの工数を大幅削減した長谷工の自動化ツール群「H-CueB」活用法

オートデスク主催のプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」で、長谷工コーポレーションが長谷工版BIMの概要や長谷工版BIM向けの自動化ツール群「H-CueB」ついて説明したセミナーのレポート。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/22 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 1.82MB
要約
BIMの工数を大幅削減した長谷工の自動化ツール群「H-CueB」活用法
 2019年10月に都内で開かれた「Autodesk University Japan 2019」から、長谷工コーポレーションのセミナーをレポートする。

 長谷工コーポレーションは、創業以来、マンション建設に特化した準大手ゼネコンで、BIM採用以降、「BIM推進室」や設計業務をBIMで行う「BIM設計部」、「建設BIM推進部」を立ち上げた。2019年6月時点で東阪合わせ、132件の実施設計を完了させ、うち57件が竣工済み。長谷工コーポレーションが、BIMを導入した際に、CAD作図より手間がかかるという問題をどのようにH-CueBで解決したか、BIMで実施設計図と施工図を1枚の図面に集約するために何を行ったか、その答えを講演取材を通して明らかにする。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。