業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

MONOist編集部

プレミアムコンテンツ

MONOist編集部

3Dプリンタ製マスク誕生秘話、企画から量産化までの道のり

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で深刻なマスク不足に陥った際、いち早く3Dプリンタで造形できるマスクの3Dデータを公開し、最終的に製品化まで果たしたイグアスの取り組みを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/24 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 1.76MB
要約
3Dプリンタ製マスク誕生秘話、企画から量産化までの道のり
 COVID-19の影響により深刻なマスク不足に陥った2020年3月下旬。IT製品などの販売・サービスを手掛けるイグアスが突如、3Dプリンタで造形可能なマスクの3Dデータを無償公開し、大きな話題を呼んだ。

 さらにその後、製品化を強く求める声に応え、量産化にも着手し、デジタルモノづくりによるCOVID-19対策活動の先駆けとなった。なぜ、モノづくり未経験のイグアスが量産化まで実現できたのか。2020年6月25日にイグアスが主催したウェビナー「3Dアウターマスク作成秘話」の内容を基に紹介する。

 【主な内容】
・深刻なマスク不足から生まれたある動き
・困っている人たちの力になりたい、3Dマスク開発はこうして始まった
・企画開始からわずか1週間、短期開発できた2つの理由
・多く寄せられた製品化を望む声、量産に向けた動き
・本格的なモノづくり経験がないのになぜ製品化できたのか?
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。