業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

トレンドマイクロ株式会社

製品資料

トレンドマイクロ株式会社

スマートファクトリー化が招く攻撃経路の増加、いま製造企業が取るべき対策は?

近年、製造企業は、IT、OTおよび知的財産の全てが集約され、高度に相互接続された効率的な製造プロセスによって市場競争力を高めている。しかし、これに伴うサイバー攻撃経路の増加は深刻な問題だ。いま製造企業に推奨される対策とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/10/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 43ページ ファイルサイズ 2.79MB
要約
 「インダストリー4.0」と呼ばれる次世代への変革の波は、製造業におけるスマートファクトリー化を大きく加速させた。IT、OTおよび知的財産の全てが集約され、高度に相互接続された効率的な製造プロセスは、製造企業の市場競争力を高め、デジタルトランスフォーメーション(DX)を現実のものとしつつある。

 こうして新たな機会が生まれる一方で、サイバー攻撃によって、システムの侵害や情報漏えい、金銭的な損失、製造の中断といった被害を受けるリスクも高まっている。ITインフラストラクチャをOTや知的財産と統合することが、攻撃経路の増加を招き、攻撃者にとってセキュリティ侵害のための弱点を探しやすい状況となりつつある。

 特に産業制御システム(ICS)を狙うために設計された攻撃は、製造設備に対する大きな脅威となるだろう。それでは、製造企業はどのようにしてITやOT、知的財産をサイバー攻撃から保護すればよいのだろうか。本資料では、現代の製造業を取り巻く脅威の実態を明らかにするとともに、いま推奨されるセキュリティ対策を解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。