業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

オン・セミコンダクター

技術文書

オン・セミコンダクター

IoT向け環境・加速度センサーの可能性を拡張する、環境発電型ノードの要件

IoTのさらなる普及を後押しするとして、IoT機器の独立可動を実現する太陽光などを利用した環境発電や、超低電力消費のデータ伝送技術を利用した小型センサーノードが注目されている。

コンテンツ情報
公開日 2020/10/01 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 24ページ ファイルサイズ 1.52MB
要約
 IoTのさらなる発展のためには、データの蓄積・処理・伝送の高度化や、環境発電技術の採用などが求められる。例えば、太陽光発電を利用した独立電源を利用し、バッテリーレスに継続的にセンサーの監視やデータ送信などを可能にする低コストの小型センサーノードがあれば、これまで設置困難だった場所への導入にも対応できる。

 こうしたバッテリーレス化において重要なポイントの1つが、超低消費電力で情報伝送できる無線プロトコルに対応したRFトランシーバーの選択だ。IoT分野において有力な無線規格であるBluetoothやZigbeeに対応するのはもちろん、エネルギー的に最適化された構成要素で実装し、電圧と電流源を最大限に活用する設計を採用する必要がある。また、太陽光を利用した環境発電システムの採用においても、必要なエネルギー貯蔵と管理を効率化する仕組みが大きなカギとなる。

 本資料では、これらのポイントに基づくセンサーノード設計のポイントについて、実際のデモ機を用いて解説。IoT機器の開発に携わるエンジニアに有用な資料だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。