業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

Webキャスト

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

「2025年の崖」を乗り越えるために DXを推進する製造業におけるAI活用の最適解

多くの製造業に重くのしかかる「2025年の崖」。その克服には、デジタル技術を活用したデータ利用の拡大と迅速化がポイントとなる。しかし、実際にはデータ化や見える化が進んでいないのが現状だ。その具体的な解決策とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/10/16 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 57分11秒 ファイルサイズ -
要約
 「複雑化・ブラックボックス化した既存システムの問題を解決しない限り、2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる」――経済産業省の「DXレポート」内で言及されている「2025年の崖」問題は、より現実味を増している。

 多くの経営者が、デジタル技術を活用して新たなビジネスモデルを創出し、市場での競争力を強化するデジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性について理解しているものの、その実現は一筋縄ではいかないのが現状だ。

 その大きな要因の1つとして頻繁に指摘されるのが、「DXを推進できるデータサイエンティスト人材が不足している」「AI/IoTプラットフォームの構築スキルがない」といった問題だ。製造業がこれらの課題を克服するためには、どういった取り組みに着手すべきなのだろうか。

 以下のWebキャストでは、日本の製造業のDXにおける課題を明らかにするとともに、AI人材の育成方法やプラットフォーム構築に欠かせない技術要素を解説。DXを推進する製造業におけるAI活用のヒントを提示する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。