業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

Blue Prism 株式会社

Webキャスト

Blue Prism 株式会社

24時間365日の稼働も可能なデジタルワーカー、製造業のどんな場面で役立つのか

労働人口が減少し続ける国内において、業務の効率化は喫緊の課題だ。そこでヒトが行う業務を、予め学習した定義に応じて自動的に処理する「デジタルワーカー」の存在が注目されている。製造業を例に、その導入効果を見てみよう。

コンテンツ情報
公開日 2020/10/16 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 14分38秒 ファイルサイズ -
要約
 労働人口の減少や顧客ニーズの多様化、ベテラン従業員のスキル継承など、製造業は多くの課題を抱えている。そこで、ものづくりを支える新たな選択肢として注目されるのがデジタルワーカーだ。RPAの自動化機能をベースに、AIと組み合わせることで複雑な定型業務の自動化も可能にする。

 例えば、生産ラインにおける外観検査の自動化は、デジタルワーカーが効果を上げている業務の1つだ。目視による外観検査では、大量の画像を全て確認することは難しく、抜き取り検査になっている。しかし、デジタルワーカーなら全量検査をはじめ、ディープラーニングによる良・不良の判定、さらに結果の入力までを自動化できる。

 本コンテンツでは、こうした製造業におけるデジタルワーカーの導入事例とともに活用のポイントを動画で解説している。RPAの導入が拡大する中、自動化技術をどのように活用すればよいのか、本動画でそのヒントをつかんでほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。