業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

シリコンスタジオ株式会社

製品資料

シリコンスタジオ株式会社

モノづくりのコスト削減&スピードアップを実現、3D CGを最大限活用する方法

モノづくりの現場で、コストダウンとスピードアップの両立を実現すべく、3D CGの活用が進んでいる。3D CGで何ができるようになるのか。活用法やポテンシャルのほか、ソリューションパートナーに欠かせない要素を見ていく。

コンテンツ情報
公開日 2020/10/19 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.09MB
要約
 グローバル化や新規参入による競争激化によって、モノづくりの工程でコストダウンとスピードアップへの取り組みが不可欠となっている昨今。その取り組みを後押しする手段として、3D CGの活用が進んでいる。設計時の手戻り抑制、AIによる画像認識に必要な教師データの生成などに利用することで、コストダウンとスピードアップの両立が期待できるためだ。

 しかし、3D CGの活用においては課題もあり、導入に当たってはソリューションパートナーを慎重に検討する必要がある。例えば、画像認識における機械学習向け教師データ用CGを制作する場合、「大量のデータを用意するのに膨大な時間がかかる」といった課題が出てきがちなため、少量の実写画像サンプルで数万枚のラベル付き学習用CG画像データを量産できるパートナー選定が大切になってくるだろう。

 本資料では、3D CGの活用法を解説するとともに、3D CGの可能性を最大限に引き出すために欠かせない「技術」「デザイン」「企画」が一体となったサービスを提供する3D CGの"プロフェッショナル集団"を紹介する。3D CGで何ができるのか、そのポテンシャルを確認しながら読み進めてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。