業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社シーイーシー

事例

株式会社シーイーシー

製造業の検査業務へのAI導入:留意すべき点と成功の秘訣を大公開

製造業の現場では、検査・検品業務におけるAIへの期待が高まる一方だ。しかし、注意しておきたいのは、AIを使った画像検査があらゆる業務で力を発揮するわけではなく、適切な用途の見極めとソリューション選択が必要になるということだ。

コンテンツ情報
公開日 2020/11/11 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 1.5MB
要約
 製造業におけるAI活用に向けた動きが進んでいる。「AI白書2020」によれば、加工組立製造業の14%がAIに関する何らかの取り組みを行っており、7割近くが「検討中」など前向きな回答を寄せている。

 中でも多くの企業が興味を持っている業務用途が「検査・検品」だ。既存の画像検査機器は見逃しなどにより歩留まりや生産性の面で改善の余地がある一方で、熟練者の目視検査も人材養成や人件費の面で課題がある。そこでAIに期待するわけだが、AIを使えば必ず従来の画像検査より効果が高まるわけではなく、人間の目視検査全てを代替するのも難しい。もちろんAIの運用には学習などの手間も必要だ。

 本資料ではAIによる画像検査へのこうした期待に対し困難な現実もあることを提示しつつ、従来検査と比較したAIの優位点と、適切な活用に向けたヒントを事例も含めて公開。その上で、ディープラーニングを活用した製造業向け画像検査システムを紹介している。製造現場におけるAI活用を検討するユーザーに最適な資料だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。