業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

シーメンス株式会社

Webキャスト

シーメンス株式会社

自動運転車の開発効率、実地テストが限られる中でどう効率化していくべきか

世界的に開発競争が過熱している自動運転車。車両性能を確認するための実地テストの機会が限られるなかで、どのように開発の効率化を進めていくべきなのか。

コンテンツ情報
公開日 2020/11/20 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 48分29秒 ファイルサイズ -
要約
 世界的に開発競争が加速している自動運転車。運転そのものを自動化し、走行中のドライバーの関与を最小化する「レベル4」の実装も近いといわれており、自動運転車の本格的な市場展開に向けた期待は、日増しに高まっている。

 自動運転車の実現において、その中核を担うのがADAS(先進運転支援システム)だ。ADASの性能は、車両の利便性はもちろんのこと、安全性の品質も大きく左右する。故にその開発においては入念なテストと検証が必要だ。しかしその安全性の確保のために対応すべきシナリオの数は急増しており、これらを実際の車両を道路に走らせる実地テストで検証することは非現実的となりつつある。

 本コンテンツでは、こうした自動運転車の車両性能エンジニアリングの現場における実地テストを、代替あるいは補完する役割を果たす、仮想実証と検証のためのソリューションについて解説。自動運転車開発において欠かせないシミュレーションと物理テストのシームレスな接続についても解説しており、自動運転車の開発に関わるエンジニアに最適な資料だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。