業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

オン・セミコンダクター

技術文書

オン・セミコンダクター

製造業注目の「協働型ロボット」、その設計開発で注意すべきポイントとは

製造現場の効率化に役立つとして注目されている、人間と同じ場所でも安全に稼働する協働型ロボット。遠隔から高精度に動作させるためには、設計開発においてどのような点に注意すべきなのか。

コンテンツ情報
公開日 2020/12/01 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 218KB
要約
 産業界では、人間と同じ場所で安全に作業を行える協働型ロボット(コボット)が注目されている。協働型ロボットは安全柵が不要なためスペースに余裕のない現場にも導入が可能な他、複雑なプログラミングや設定の必要がないという点でもアドバンテージが指摘される。

 では、協働型ロボットを実際に導入するには具体的にどういった設計を意識すればいいのだろうか。どのようなロボットにおいても考慮すべき点は「モーション制御」「通信」「センシング」「パワーマネジメント」の4つだが、協働型ロボットでは複数用途に対応し、移動や操作を必要に応じ再プログラムするため、柔軟性に配慮することが必要だ。

 本資料では、こうした協働型ロボットの設計において重視したいポイントについて解説。産業用ロボット開発に関わるエンジニアはぜひ一読しておきたい資料だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。