業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

オン・セミコンダクター

技術文書

オン・セミコンダクター

欧州で広がる48Vマイルドハイブリッド車、その電装設計におけるポイントとは

欧州を中心に48Vシステムを採用するマイルドハイブリッド車が増えている理由とは? その背景とともに、48V対応の車載システムを開発する上でのポイントを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/12/04 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 256KB
要約
 自動車メーカー各社がさまざまな電気・電子機器を搭載する流れが、大半の車載12V電気系システムを上限まで拡張する結果につながった。48Vバッテリーを使った改良型の新電気系システムが開発され、マイルドハイブリッド電気自動車(MHEV)も登場している。各国政府が推し進めるCO2排出・燃費改善といった各種環境規制も、小型内燃型エンジン(ICE)と強力な電気モータを採用するMHEVの普及を後押しする。

 ただ、48Vバッテリー単独でMHEVを動かす電気を供給することはできない。48Vバッテリーの役割は、電気モータや電気機器への動力供給とICE起動時の電力供給にある。特に始動時のトルクが内燃エンジンより大きい電気モータは、バッテリーの追加トルクが必要になる。

 本資料では、自動車のドライブトレインに対する電気機器の物理的な配置・接続方法により分類された数種類のMHEVのトポロジーを説明し、48Vバッテリーを搭載したMHEVの電気系システムの構成、バッテリーの充電方法、システムに採用されている電子部品や回路などをQ&A形式で解説する。48V系システムの開発を検討するエンジニアに有用な資料だ。