業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

オートデスク株式会社

Webキャスト

オートデスク株式会社

「設計ミスの削減」と「商談の精度」を高める設計自動化の活用ポイント

産業機械の設計から製品化に至るプロセスにおいては、この分野特有の3次元データ資産をいかに活用できるかが、ビジネスとしての成否を左右する。ここでは、設計と見積もりという2つのフェーズに着目し、3次元データの活用方法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/01/05 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 53分47秒 ファイルサイズ -
要約
 産業機械製品の製品化に至るプロセスにおいては、この分野特有の3次元データ資産をいかに活用できるかが、ビジネスとしての成否を左右する。産業機械業では、商談フェーズでの見積もり精度を上げ、その工数を削減することが求められ、設計フェーズではミスの削減や属人化解消が求められているが、これらの課題解決の鍵となるのが「設計の自動化」だ。

 見積もり精度を上げるためには、正確かつ分かりやすく情報を提示することが不可欠だが、設計の自動化基盤が構築されていれば、商談先でExcelのワークシートに数値を入力するだけで、3次元モデリングされた製品を提示でき、その場で仕様を決めることができる。もちろん設計フェーズにおいても自動化を進めることで、3次元データ編集のルール化が可能になり、属人化解消や作業の効率化も実現される。

 本コンテンツでは、産業機械製品における設計と商談という2つのフェーズに着目し、それぞれに3次元データの活用がどのように寄与するのかを解説する。併せて、設計の自動化を実践するための3次元CADツールの使用方法についても、デモンストレーションしているので、参考にしてほしい。