業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

シスコシステムズ合同会社

事例

シスコシステムズ合同会社

スマートファクトリーの実現へ、事例に見るクラウド管理型ネットワークの実力

製造業において「多品種少量生産」を実現するには、ITやデータの活用による工場のスマート化が不可欠だ。収納設備メーカーの事例から、スマートファクトリー実現の重要インフラとして導入されたネットワークソリューションの実力に迫る。

コンテンツ情報
公開日 2021/02/22 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.09MB
要約
 市場のニーズが多様化・複雑化している昨今。製造業において、規格化された製品を生産する従来の方法に加え、セミオーダーのような要望にも応じるため、「多品種少量生産」が可能な体制の構築が求められるようになった。その実現に向け、ITやデータを有効活用した「スマートファクトリー」の実現を目指す企業が増加している。

 収納棚や展示棚をはじめとした収納設備メーカーとして知られる金剛も、そうした企業の1つだ。同社では、ネットワークをスマートファクトリー実現の重要インフラとして位置付けており、安定性・信頼性・柔軟性などの高度な要件を満たすクラウド管理型ネットワークソリューションを導入した。

 本資料では同社の取り組みを基に、同ソリューションの選定理由や導入効果、今後の展望について紹介している。オフィスエリアも同居する新工場において、ネットワークを物理的に統合しながら、生産系/情報系ネットワークの2つに論理的に分割するネットワーク構成なども解説。スマートファクトリー化を目指す企業には、ぜひ参考にしてほしい。