業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アナログ・デバイセズ株式会社

技術文書

アナログ・デバイセズ株式会社

10BASE-T1L:工場/プラントのデータと電力を安価なツイストペア線で長距離伝送

スマート・インダストリにかかせない状態監視と予知保全。それらを実現するスマートセンサーやAI(人工知能)をより効率よく稼働させる接続ソリューション、新シングルペア・イーサネット「10BASE-T1L」とは。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/27 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 2.15MB
要約
 センシング、信号処理、通信、エッジコンピューティングにおけるAI技術が進化し、スマート・インダストリの要である状態監視ソリューションや予知保全サービスが広まりつつある。こうした状態監視アプリケーションが有益に働くには、データマネジメントシステムにいかに安定して接続できるかが鍵であり、既存の通信技術では電力、帯域幅、ケーブル配線、距離、データセキュリティといった課題がある。

 新しい接続ソリューションシングルペア・イーサネット(SPE:Single-pair Ethernet)、10BASE-T1Lが通信技術の課題をいかに解決するのか、10BASE-T1Lのメリットについて記述。またAI対応のプラットフォームなどアナログ・デバイセズの状態監視アプリケーション向けに開発された完全なシステム・レベルのソリューションへの取り組みについても訴求。