業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アナログ・デバイセズ株式会社

技術文書

アナログ・デバイセズ株式会社

話題のAI搭載モデラー「Quad Cortex」を支えるSHARC+DSPの優れた処理能力

地球上で最もパワフルなフロア型モデラーといわれるNeural DSP製「Quad Cortex」。要求の厳しいプロミュージシャンを納得させるパワフルさと、初心者でも直感的に利用できるシンプルさの実現を支えたSHARC+DSPとは?

コンテンツ情報
公開日 2021/05/27 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.05MB
要約
 音楽業界を急速に前進させる技術で開発し続けるNeural DSP Technologies社(Neural DSP)が、新しく市場に提供したフロア型モデラー「QuadCortex」は、独自のAI技術で、理想的なアンプ、オーバードライブ、キャビネットのサウンド特性を学習し、これまでにない精度の再現性を実現。そして厳しいミュージシャンの要求するパワーと初心者でも直感的に利用できるシンプルさを両立させるため、使いやすさ、スケーラビリティ、プログラマビリティ、電力効率、確定的かつ小さな遅延を実現できるオーディオ処理能力が不可欠だった。

 この難易度の高い課題をクリアするためにNeural DSPが選んだのは、オーディオ・エンジニアリングの分野において、プロ用オーディオのゴールド・スタンダードと見なされているアナログ・デバイセズのSHARC+ DSP製品。本稿では、Neural DSPの製品開発統括者とアナログ・デバイセズのエンジニアの視点から、Quad Cortexの開発における課題をいかにSHARC+ DSPが解決し、最高級のプロ用オーディオ製品となったかを紐解いていく。